先輩の声

「計 装って何?」からスタート。
ひとつひとつ積み重ねていくうち、興味と意欲が湧きました。


▲技術課主任 上遠野 浩志

入社の動機

在学中に「空気調和設備」を学び、興味を持ちました。
就職活動の中でアルファス計装の求人を知りました。

最初のうちは「計装って何?」という状況からのスタートでした。

鈴木社長の説明を聞き、「計装」という分野が人々に快適な空間を提供し、
社会的価値を与えるということを知り、この会社に勤めてみたいと思いました。

担当している仕事
 
現在は、現場監理や自動制御機器のメンテナンスを任されています。

現場監理は、机に向かう仕事だけでなく、お客様や協力会社のみなさんとの
コミュニケーション力が重要です。 入社して間もないときは大変に苦労しま
したが、先輩からのアドバイスや協力があり、ひとつひとつクリアすること
ができました。

現場監理は、皆で協力して一つの現場を仕上げる醍醐味があります。

自動制御機器メンテナンスは、安定した設備運用のために必要な仕事なので、
日々細心の注意と緊張感が伴います。「機器が壊れていないか」、「設定は
適切か」等を漏らさないよう注意して作業しています。

こういう日々の業務がお客様の信頼につながることを実感します。

これらのことをひとつひとつ積み重ねていくうちに、「計装」という仕事に
興味と意欲が湧きました。

     

これからの目標

計装分野は日進月歩で技術が進化しています。

これから多くの物件と関わる中で、知識を吸収し、更なる技術向上に努めて
いきたいと思います。

「計装」の仕事は、それだけ「やりがい」のある仕事だと思います。

 

採用情報

新卒採用

中途採用